ビートとカプチーノを比較してみる

軽スポーツカーといったら、AZ-1、BEAT、Cappuccino。

この3台は大体同じくらいの時期に発売し、ABC御三家なんて言われていました。


しかしバブル崩壊後は売り上げが低迷し、その上軽自動車枠の変更などの時代背景があり、ファンに惜しまれつつも生産を終了。バブル崩壊前の車は如何にもバブリーな雰囲気が漂っている感じがします。


その後、軽スポーツというものは市場から姿を消した物の、2002年にダイハツがコペンを発売。

この売れ行きが驚くほど良く、軽スポーツカーブーム再燃の記事が飛び交いました。



さて私は今、御三家ABCの「B」にあたるホンダビートにセカンドカーとして乗っている訳ですが、非常に楽しい車だと感心しています。この実用性の無視っぷりはナンバー1。


先日も書きましたが、メインで乗っていたMR2を近々手放す予定。

そこでもう一台車を購入しようかと思っています。


色々と検討してみるものの、個人的に最近の車はイマイチ好きになれません。


どうせならもう一台手頃なビートを買って、カスタムしまくって楽しもうかなぁ・・・なんて思ったりもしています(今のビートはフルノーマルなので・・・)


しかし、ふと

「カプチーノ買うのもありなんじゃ・・・?」

という誘惑が。



ビートとカプチーノかぁ。

どうしようか。。。o(゜^ ゜)ウーン



とりあえず比較してみよう。



~スタイルの比較~


10201022_199105.jpg
ホンダ ビート


10551003_199111.jpg
スズキ カプチーノ


ビートは正にミッドシップスタイル。NSXやらフェラーリやらを軽自動車枠にギュっと縮めるとこうなるんだろうな・・・という感じです。小さくしても絶妙なバランスを保っており、隙の無いデザイン。ソフトトップで、オープンにした時のスタイルも中々。

カプチーノはロングノーズショートデッキ。ヒュンヒュン走っちゃいまっすよ~!という雰囲気のスタイルですね。トップは4WAY。ハードトップ、Tバールーフ、タルガトップ、フルオープンと4通り楽しめます。屋根をバラせるだけじゃん、と言ったらそれまでですがww


ビートのスタイルに関しては言うことなし。これはオーナーであるから当然(笑)

ではカプチーノはというと・・・・


これまた好き(笑)


どちらもキュートでありながら、ヤンチャな顔をしているというか。

オープン時のスタイルも良い。


ただし、オープンにする工程は明らかにビートが上。

ビートをオープンにする時は、リアのファスナーをジー・・・と開けて、パチンパチンとロックを外して、ガバっと開ければ終了。

これに対し、カプチーノは左右のトップを外し(ここでTバールーフ)、センターを外し(ここでタルガトップ)、リアウィンドウを降ろす(ここでフルオープン)。そして、外したパーツをトランクに収納する。
なんか面倒な感じがあります。


しかしここは一長一短というところ。

ソフトトップのビートとハードトップのカプチーノ。2台の雨漏りの比率は断然ビートが上です。

カプチーノも雨漏りはするようですが、ビートよりは良い。


ビートをもう一台買ったらハードトップにしようかなぁ・・・なんて考えていたので、どうせハードトップにするならカプチーノか?



~実用性の比較~


・・・これは意味無いだろう(笑)スポーツカーに実用性なんて求めてはいけないのだよ、うん。

と言いたいところですが、バッグはもちろん買い物袋くらいは積みたいところ。


クローズ時の室内は双方ともリアウインド付近にスペースがあるので互角。

しかしオープンにすると、ビートがそのスペース部に幌が畳まれるのに対し、カプチーノはリアウィンドが車体内部に収納されるのでスペースが生き残ります。


ではトランクルームはどうか。

ビートには世界最小サイズ(笑)のトランクがあります。ここに何を積めと?w
小さめの鞄と少々の買い物袋くらいしか入りません。

カプチーノのトランクルームはビートの倍くらい。
この大きさなら普通に鞄も積めるし、スーパーで色々と買っても大丈夫でしょう。

ここはカプチーノの圧勝。


と言いたいところですが、オープンの工程でも言いましたように、カプチーノは外したパーツをトランクに入れるわけです。オープン時のトランクスペースは皆無といってもいいくらい。

ビートはオープンにしてもクローズにしてもトランクスペースには関係ありません。
(参考サイト オープンカージャパン

クローズ時のトランクスペースが

ビート 50:カプチーノ 100

だとすると、オープン時は

ビート 50(クローズ時と同じ):カプチーノ 0


合計した容量としてはどちらも同じくらい。

しかしここで考えるべきことが一つ。

大きさが100のもの積む時、カプチーノはクローズ状態にすれば積むことが出来ますが、ビートは積めません。オープンにしてもクローズにしても無理。

そして買い物とかは、クローズで行くことが殆ど。

つまり一度に積むことを考えると圧倒的にカプチーノの方が有利。というか勝ち(笑)

トランクの小ささはミッドシップの宿命なんですね。トランクがあるということだけでも評価しましょう。


~内装の比較~


beat_inpane.jpg
ホンダ ビート

cappcciino_inpane.jpg
スズキ カプチーノ


今となってはどちらも古臭さは否めません。これは時代の流れ上仕方ない物。この古臭さを逆に好きになれれば非常に愛らしくなります。

メーター類はビートの方が好きですね。バックが白で、タコメータの0が真下にあるのがまたスポーティな感じ。

ダッシュボード全体を見ると、カプチーノは筋が通っている感じがします。ビートがやや浮かれ気味なのに対し、安定感があります。アダルティー。

室内の狭さは比べる必要は無いでしょう(笑)。どちらも狭いです。ビートは運転席側が若干広く造られているんですけどね。

甲乙つけるのが難しいですが、僅かにビートの勝利といった感じですかね。

この独特な形状のメーターを好きになれるかどうかがポイントです。



~スペック~

ビートはミッドシップ、カプチーノはFR。

この時点で比べるのが変だと思いますが、とりあえず考えてみましょう。


実はビートのコンセプトは「スポーツ」では無いのです。

「ミッドシップアミューズメント」 これがビートのコンセプトです。


確かにビートは乗っていて楽しい車です。だからと言って決して速いわけではない。

「楽しい」=「速い」 ではありませんからね。

噴け上がりの良いエンジンを高回転まで回して街中を走れる車は類を見ません。


ミッドシップならではのハンドリングと背中からのエンジン音。ビートに乗るだけで。いつもの道や景色が違って見える。

これぞ正に「アミューズメント」というものだと思います。


ではカプチーノはどうか。

ビートがNAなのに対し、カプチーノはターボ付き。ビートよりも速いのは確定(笑)

FRというレイアウトで、フロントミッドシップにエンジンを置き、重量配分を限りなく50:50に近づけた為、運転性や安定性はかなり良い。

ビートが街中を「イヤッホー!」と走るのに対し、カプチーノは峠を「軽だからと言ってなめんなよぉ!」と走るイメージがあります。(あくまでもイメージ)


この辺は、「どういう趣向で乗りたいか」がポイントになりますね。


ビートが任天堂のDSだとしたら、カプチーノはソニーのPSP。

ビートがCCレモンだとしたら、カプチーノはコカコーラ。

ビートが週刊誌だとしたら、カプチーノは月刊誌。

ビートがホンダだとしたら、カプチーノはスズキ。


結局は甲乙つけられません・・・。



とりあえず、比較をしてみたのですが、最終的にどちらに決めたかと言うと・・・。




どうしよう・・・w


<追記> この後、カプチーノ買っちゃいました。

LINEオリジナルスタンプ販売中!


line_blog_title.jpg




テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ビートほしい。。。

Re: タイトルなし

>ゆってぃさん
コメントありがとうございます。

> ビートほしい。。。

ビートは本当に魅力的な車だと思います。
価格はピンキリですが、安い物ですと後々細部の修復や修理などで結局お金がかかりますので…。
ビート関係の本は多く出版されていますしアドバイスも書かれてありますので購入の際は参考にしてください。

狭い荷室や二人しか乗れない等、実用性に乏しい所で購入に踏み込めず・・・。
二台持ちが出来たら一度は所有してみたいです。

Re: タイトルなし

>ラ・テ様
コメントありがとうございます!

> 狭い荷室や二人しか乗れない等、実用性に乏しい所で購入に踏み込めず・・・。

荷室は狭いと言うよりも、無いに等しいです(笑)
カプリ―ノのトランクルームは結構使えますけど・・・

> 二台持ちが出来たら一度は所有してみたいです。

是非所有してみてください。
ビート、カプチーノ共に楽しい車ですよ!手放せなくなります!
カウンター
プロフィール

HIROSHI

Author:HIROSHI
ホンダ・ビート、スズキカプチーノを所持。
以前乗っていたMR2は弟に譲渡し、後にドナドナ・・・

ビート、カプチーノのことなら本家ウェブサイト
みすたーびーと。
へどうぞ!

自動車クイズ作成中です
みすたーびーと。自動車クイズ


随時相互リンク募集しています!!

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク
 
ビート&カプチーノの本
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム